【事業内容】 研修/参加者の声・実績

参加者の声/合同研修

新任若手職員研修

  1. 自ら判断して行動できる人になりたいと思った。「言われればできる人」「言われただけのことしかできない人」では誰でもできることなので、組織の一員として頑張っていきたい。

    (新卒)

  2. ディスカッションで、自分の意見を言うことに最初は抵抗がありましたが、自分とは違う意見を聞いた際に、しっかり伝えたいなと思うようになりました。また、グループ討議の自己紹介で、他の先生方から印象を聞き、自分がどのように見られているかを知ることができました。

    (新卒)

  3. 報告の大切さについて改めて気付かされました。私は「このくらいのことは報告しなくて良い」と勝手に決めてしまうところがあるので、こまめな報告が相手のためでもあることを考えさせられました。

    (保育士歴2年目)

  4. 保育士3年目で気持ち的にゆるんでいた部分や、子どもに対して、職場・保護者に対して、改めて、どんな対応・気持ちで接すればいいのか考えさせられました。明日から自分の行動を意識的に変えるよう、努力していきたいと思います。

    (保育士歴3年目)

  1. オブザーバーの声
    《職員を参加させたいと思った理由は?》

  2. 今年度採用した職員に対して十分な指導(社会人としての意識や人間関係など)ができず、社会人として大切なことは何かをどう伝えれば良いのか、私自身が知りたかったので参加しました。新卒で採用した2人の職員が実際に働く前にこのような研修に参加でき、とても良かったと感じています。
  3. 社会人としての第一歩を気持ちを新たに望んでほしいことと、園長が一方的に言うよりも、第三者の方が受け入れやすいのではと思った。
  4. 職員を受け入れるにあたり、必ず園でも研修を行っていますが、同じような内容でも「誰が話すか」「誰が響かせていくか」はとても大切であると思います。初めて社会に出る立場となると、保育士としての育成の前に、社会人としての育成が大切であり、その点を学ばせていただきたかったので参加しました。

次世代リーダー研修《第1回の研修で学んだタイプ別アプローチを実践してみていかがでしたか》

《第1回の研修で学んだタイプ別アプローチを実践してみていかがでしたか》

  1. タイプ別に分けると、どう接したらよいのか見立てができるので、「この先生は○○タイプかな?」と考えられるようになりました。今、園で園内行事のチームが動き出したところなので、チーム内スタッフの良い動機付けができるようにしたいです。

    (副主任)

  2. 相手に仕事内容を伝える際に、自分では理解していても相手に伝わらないことが多かったのですが、言葉の使い方や伝える順番を変えると、話がスムーズに進んでいくようになりました。
    タイプを見極めるにはまだまだですが、長い時間をかけてアプローチをし続けていきたいです。

    (クラスリーダー)

  3. タイプ別の関わり方を実践してみると、一人ひとりの特徴がより分かり、それぞれにあった関わり方を追求してみたいと感じた。

    (リーダー保育士)

  4. なかなかうまく実行できないこともあったが、相手に合わせた言葉を使う、指示をすることで、自分自身の仕事もしやすかった。認める・ほめる・任せることの大切さを実感。
    若い先生たちにも、できることから任せる機会をつくっていきたいです。

    (学年主任)

主任ゼミ

  1. 主任を任されている訳ではなく、経験年数から…と言われ、今回初めて主任研修に参加させて頂きました。とても今の自分、また、未来の自分にとって必要なことがわかり、学びになりました。意識を変えるのではなく、行動を変えることを心においていこうと思いました。

    (保育士歴10年目)

  2. わかりやすい説明・事例と、共感できる話やアドバイスなど具体的なお話を聞けたので、大変参考になりました。自分に不足していること、今までモヤモヤしてたことがクリアになりました。明日からすぐ実践したいと思っています

    (主任歴1年目)

  3. 目から鱗でした。明日から、職場に必要な「いなくては困るような人」になりたいと思います。長い研修だと思って参加しましたが、あっという間でした。ありがとうございました

    (主任歴3年目)

  4. もっと人(後輩)に仕事を任せていき、上と下とのパイプの役割を明確にしていくことが大切だと改めて感じました。強引であってはならない…というところが特に心に響きました。

    (主任歴3年目)

評価管理者研修

  1. この研修に参加して、園内で年度初めに全員で経営会議をしていることが大切なことなんだと改めて感じた。マネジメントをする側としてメンバーのことをよく知り、それをそれぞれの分野でうまく活かし、目標に向かって全員で取り組む姿勢を大切にしていきたいと思いました。

    (園長)

  2. 活性化をするために異動も大切だということ、また、異動する職員には分かりやすいように伝えることも必要であることが大切だということが分かりました。

    (園長)

  3. 人事考課のシートの内容には階層があれば良いのではと思っていたので、今回の話はとても参考になりました。職員に求めるスキルについて書き出すワークでは、求めるスキルが漠然としていることばかり、単なる感情だったことに気付いたので、明確にすべきだと感じました。

    (園長)

  4. 自分の目から見て、自園の組織文化が低下しているように強く感じています。今回の研修で学んだことを活かして、少しずつ組織を若返らせる努力を、組織全体で取り組んでいかなければならないと感じました。

    (園長)

採用実務セミナー

  1. 採用にふりまわされることなく、中期的展望から、早めに余裕をもった採用を実践したいと思った。そして、リクルーターの活用はぜひすすめたい!

    (園長)

  2. 園長となりまだ数年しかたっていないため、自分が目指す保育園像やこういう職員になって欲しいという理想を伝える方法に悩んでいたので、今日の研修が大変参考になりました。

    (園長)

  3. とても勉強になりました。採用の立場的には中堅ですが、幅の広いお話は園内の報告会で全職員に伝え周知してもらい園の質の向上に努めたいと思います。
    現場の若い職員を育成し、心から「保育園が好き」「楽しい」と言ってもらえるようにあたたかく後輩に伝えていきたい、教えていきたいと思いました。

    (主任保育士)

  4. とてもわかりやすく、形だけではなく人の心の根本を考えている研修だと思いました。
    すっと心に入ってきました。

    (主任保育士)

怒りの感情と上手に付き合う方法

  1. 怒りの感情は持ってはいけないと思っていましたが、自然な感情のひとつで、どう向き合っていくかが大切だということに気付きました。
    自分の「べき」を考え直すことで上手く過ごしていけることが分かりました。

    (一般保育士)

  2. 疲れをためない、心身共に健康でいることが自分にとってのアンガーを減らす対処法だと思いました。 いつも「はっ!!」とするような研修であっという間の2時間でした。ありがとうございます!

    (一般保育士)

  3. 自分を知り、相手を知るヒントがたくさんありました。アンガーマネジメントを活かしていきたいです。 また、保護者との面談にも使えそうです。

    (主任保育士)

  4. 他人に対する「許容」を改めて感じ、あまり「真面目」すぎない自分になりたいと思いました。
    もっと若い頃に受講したかったです。

    (園長)

職場で出来るメンタルヘルス対策

  1. 問題の原因がわかった気がします。職務充実感という言葉が一番印象に残っています。
    職場へ持ち帰り、皆で考えるきっかけになってほしいと思います。

  2. 法の整備に関わることも当然あるが、まずは、そういった不調者を出さない職場づくりが大切であることを学ぶことができた。2時間では足りない内容でした。もう少し時間をかけて聞きたかった。

  3. 子どもだけでなく、大人にも自己肯定感が重要であると実感した。管理者・リーダーが働きやすい環境をつくっていくことの大切さを学べました。

  4. 本人も気がつかないうちに症状が出ることがあるので、普段の声掛け(思っているだけでなく、言葉に出す)や、ちょっとした変化に気づいてあげることが大切だと思いました。
    自分自身の言動の影響も大きいと思うので、十分考えていきたいと思います。

アサーティブコミュニケーションのススメ

  1. 講師の方のお話がすごくわかりやすく、勉強になりました。グループでの話し合いなど実践がほとんどで楽しく参加することができました。

  2. 保護者への対応に悩むことが多かったので、この研修を受けたことで、自信を持って対応できることが増えると感じました。

  3. 伝え方の手順や話し方など、とてもわかりやすく学ぶことができた。特に、事例は誰でも経験したことがあるものばかりでとても勉強になった。言いたいことがなかなか言えなかったため、本当にありがたい研修だった。

  4. 事例をもとに実践してみて、「こうした方が良いのか」と改めて気づいたことが多々あり、今日は大変勉強になりました。普段何気なく人と関わっていましたが、伝え方ひとつで相手との関係性や印象が全く違ってくるということを改めて感じました。園で活かしたいと思います。

保育団体主催研修実績
※掲載は過去4年分

2012年

2012年1月
【群馬県】
桐生市保育士研修会
2012年5月
【北海道】
北見市私立幼稚園連合会 新任若手研修会
【北海道】
旭川民間保育所相互育成会 初任保育士研修会
2012年6月
【茨城県】
茨城県民間保育協議会青年部研修会
2012年9月
【北海道】
石狩市保育所連絡協議会 保育士等研修会

2013年

2013年2月
【茨城県】
筑西市保育協議会保育士研修
【北海道】
旭川民間保育所相互育成会 主任保育士研修会
2013年5月
【北海道】
旭川民間保育所相互育成会 初任保育士研修会

2014年

2014年4月
【山形県】
山形市民間立認可保育所連絡協議会 保育士研修
2014年5月
【北海道】
旭川民間保育所相互育成会 初任保育士研修会
2015年5月
【群馬県】
桐生私立保育園連盟 「怒りの感情と上手に付き合う方法」
【宮城県】
大崎市保育研究会 主任保育士研修
2015年6月
【岩手県】
日保協岩手県支部研修会 「怒りの感情と上手に付き合う方法」
2015年9月
【宮城県】
宮城県中央ブロック 主任研修
2015年11月
【福島県】
福島県保協主任研修「怒りの感情と上手に付き合う方法」
【岩手県】
日保協会岩手県支部「キャリアパス勉強会」
2015年12月
【岩手県】
一関市法人立園長会「キャリアパス勉強会」
2016年12月
【岩手県】
一関市法人立園長会「メンタルヘルスマネジメント」
【山形県】
鶴岡市園長会「保育施設におけるキャリアパスについて考える」
2017年6月
【岩手県】
岩手地区保育施設協議会 施設長研修「働きがいのある職場づくりを考える」
2017年8月
【岩手県】
奥州市 私立保育園協議会 キャリアパス研修
2017年10月
【秋田県】
秋田県民間保育協議会 施設長セミナー
2017年11月
【岩手県】
日本保育協会 北海道・東北ブロック大会​ 第二分科会 「キャリアパス・職員育成の仕組み化について」