代表あいさつ

こども施設は「人」が商品です。「人」が利用者の評価を決め、選択の基準となり、職場としても選ばれるようになる。したがって職員育成は商品力を磨くために欠かせない経営上のテーマです。
これからの保育者に求められる人的環境の要素は、挨拶やマナー、言葉づかいに代表される社会人としての力、確かな専門性の確保と実践力、人として安心できる魅力的な人間としての総合力。決して簡単なことではありませんが、少し乱暴な言い方をすれば、保育者に限らず、大人が変われば子どもも変わる、未来が変わると考えています。

過去と他人は変えられません。しかし、自分自身はその気さえあればいつでも、いくつになっても変えることができる。自らの能力を開発する楽しさに気づき、一人一人が自立した強いチームづくりのお手伝いができれば幸いです。子どもを真ん中に、人と人とが笑顔で繋がる未来をイメージしながら。

代表取締役社長

株式会社ネクサス代表取締役社長
杉村 基樹