事業内容/危機管理マニュアル

子ども達の命を守るために。もっと私たちにできること……

保育の仕事はマニュアル化できない部分がほとんどですが、こと危機管理に関してはいざという時の行動を手順化し、職員で共有することが大切です。なぜならば、いざ何かが起こったとき、そこにいる誰もが当事者になるから。新人とかベテランとか、経験のあるなしは関係ありません。そこにいたあなたがリスクに対処する当事者なのです。

監査や第三者評価に対応するためにマニュアルを整備するという目的もありますが、リスクに備え、行動を起こせるよう組織として準備しておくことは、職員のためであり、組織のためであり、そして何よりも子ども達のためです。

可能性の低いリスクといえど、絶対に起こらないとは限らない。それは私たちも私たち皆が経験していること。小さな子ども達の大切な命を守るため、マニュアル作成のプロセスを通して、組織としての対策を考えてみませんか。

危機管理イラスト
危機管理イラスト
危機管理イラスト

こんな方におススメします!

  • 危機管理について検討しているが、どうやってマニュアル化したらいいかポイントがわからない
  • 危機管理マニュアルはあるが、一部の人しか存在を知らず、絵に描いた餅に…
  • 職員それぞれの対策の仕方がバラバラになっている
  • マニュアルを整備したいが、ゼロから構築するのは大変…
  • 監査でマニュアルの不備を指摘されたが、具体的にどう整理したらいいのかわからない
  • マニュアルがあることはあるが、様々なマニュアルがあちこちに散らばっている状態で…
  • 第三者評価の受審を検討しているが、これを機会にマニュアルの見直しをして意識を統一したい
  • 保育中に「ヒヤッ」としたことが度々発生しているが、事例の記録で終わっている
  • マニュアルの内容が古く、現在の環境や制度に合致していない   …など

危機管理マニュアルの特徴!

  • 弊社ひな形を下敷きに検討していくので、ゼロから作成するよりグッと負担が軽くなります
  • リスクマネジメントがこの一冊に。図解やイラストを使い、視覚的にわかりやすくなっています
  • 第三者評価受診における評価ポイントを網羅しています
  • それぞれの園の状況や環境に合わせて作り込むので、世界に1つだけのオリジナルなマニュアルです
  • 職員の勉強会にも利用でき、危機管理対策の共有化ツールになります
  • 完成した後も、内容の見直しや修正などのサポートを行います
  • マニュアル作成のプロセスを通して、職員同士で危機管理対策を共有することにも繋がります

進め方の例

プロセス

収録テーマ

応急手当アイコン
急な病気や怪我の際に行う手順・対応方法など
事故防止アイコン
保育中の事故に対する対策や、再発防止への取り組みなど
災害対策アイコン
地震、家事、噴火、風水害などの自然災害発生時の対応方法など
健康管理アイコン
子どもの健康維持を行なっていくための取り組みなど
感染防止アイコン
感染症対策や、主な感染症の症状などを確認
衛生管理アイコン
日々、園を清潔に保つために行う取り組みなど
情報管理アイコン
子どもや保護者の情報管理に対する考え方、取り組みなど
不審者対策アイコン
不審者が入ってこない為の対策、入ってきた際の対策など
虐待防止アイコン
いち早く虐待のサインを見極め、子どもを守るための取り組み
心のケアアイコン
より個別に対応が必要な子どもへの関わり方など

※2017年12月20日現在

詳しくはお問い合わせください!

TEL:022-265-5815

受付時間 9:00~18:00
土日・祝日・年末年始、当社休業日を除く