インタビュー

HOME | インタビュー

スタッフインタビュー

 
 
2018年入社/プランナー (前職・栄養士)

 
Q.ネクサスを選んだきっかけは?


「保育に関わる人と組織の活性化」というミッションや事業内容に興味を持ち、ネクサスを選びました。前職の経験で、サービス向上のためには従業員の仕事意識が向上してこそ成り立つものだと感じていたので、保育園も人事制度や評価制度など、仕組みを整えることで保育の質の向上につながっていく、という話がとても印象的でした。
 
 
Q.ネクサスに入社してみて感じたことは?


職員の育成を仕事としている会社ですので、入社後の育成ステップがしっかりしていると感じました。できることから任せてもらえ、習得が必要なことはステップを踏みながら成長できるようなフォローがあるので、新人というより「一人の仲間」として受け入れていただけたように思います。そのため、チームで一緒に頑張っていこうという意識で仕事ができています。
また、ネクサスでは目的や根拠があって進めたいということはOKが出ればすぐに実行に移すことができるので、自分のアイデア・やってみようと思うことがどんどん湧き出てくる人にとってはうってつけの会社です。「えっ!私のアイデアも活かしてもらえるの?」と驚くこともありましたが、一人ひとりの意見やアイデアから仕事を作り上げていくやりがいを感じています。
 
 
Q.仕事をする上で大切にしていること


仕事をする上で大切にしていることは、自分の提案が、お客様の目標とする結果にどのようにつながるかを考えることです。今までは自分の考えを深く掘り下げて言葉や文章にすることは苦手でしたが、お客様に興味を持っていただけるようにどのような伝え方が必要か、どうすれば分かりやすく伝わるだろうか、など、自問自答して考えること、文章化することができるようになりました。
 
 
Q.今後の目標


お客様に必要とされ、「人事や育成のことなら聞けば一緒に解決できる」と信頼していただけるような専門家になるべく、知識や経験を積んでいきたいと思います。
 
 
Q.大切にしている言葉や想い


 
幸運の女神には前髪しかない
 
仕事においてもプライベートにおいても、自分自身の成長のためにチャンスと思ったことにはまず挑戦してみるようにしています。いざチャレンジ!と思っていても考えすぎて行動が遅れてしまったり、できるかな?と思って足踏みをしてしまうことが多いので、この言葉を大切にしています。同時に、チャレンジしてみようと思った時に躊躇なくやってみようと思えるように、日頃から準備を怠らないようにしようと心がけています。
 
 


 
 
2016年入社/プランナー (前職・アパレル)

 
Q.ネクサスを選んだきっかけは?


子どもに関わる仕事をしたいと思い、ネクサスに入社しました。保育に直接関わるわけではありませんが、結果的に子どもの成長に関わることができる仕事というのはなかなかないですね。訪問先が保育園・こども園なので、子ども好きな私にとっては楽しみの一つでもあります。
私たちにしかできないアプローチで保育業界をよりよくしていきたい、多くの保育園・こども園やそこで働く先生方、そこで過ごす子どもたちがより良い環境の中にいられるようにしたいという思いで日々仕事に取り組んでいます。
 
 
Q.ネクサスに入社してみて感じたことは?


入社当初はパソコンが苦手で不安はありましたが、経験していくうちに否が応でも慣れました。仕事で使っているうちに段々とスキルも身につき、今や遠隔でのやりとりや先生方からの質問にもサッと答えられるようになりました。同様に、保育業界の制度や仕組みについても詳しくなりました。見たり聞いたりしながら覚えたこともありますが、自分で考えてまずはやってみる、という実験主義なところはネクサスのバリューというかカルチャーの一つとして身についたものだと思います。
 
 
Q.仕事をする上で心がけていること


保育園・こども園を取り巻く環境は時代とともに変化し続けていて、お客様が抱える悩みや課題も変化し続けています。だからこそ、お客様が話しやすく親しみやすい存在であるよう、信頼関係を築けるように心がけています。私が提案した研修やコンサルティングを通して、小さなことでも職員さんの意識が変わってきた、成長してきたというお話を聞くと、本当に嬉しいですし、さらに良い方向に進んでいっていただきたいと思うばかりです。
 
 
Q.今後の目標


 私たちはただの研修会社でもないですし、普通のコンサル会社でもないというのが「強み」だと思っています。もっと多くの園さんに知っていただき、その力になる、というのが今後の目標です。
 
 
 
Q.大切にしている言葉や想い


 
「PKを失敗できるのは、PKを蹴る勇気を持つ者だけだ」 サッカー元イタリア代表 ロベルト・バッジョ
 
サポーターは「決めて当たり前」の認識が多いPKですが、サッカーのPK成功率は
約8割と言われるように意外に失敗も多いのです。大事な試合でPK失敗が原因で敗戦してしまった場合、失敗した選手が「戦犯」扱いになることもしばしば。
ですがPKを失敗することができるのはPKを蹴った人だけ。つまり蹴らない人は成功体験はおろか、失敗すら経験できません。
仕事において「チーム貢献のために勇気を持って行動する人」になりたいと思っていますし、プライベートでも失敗を恐れず勇気を持って行動できる人で居続けたいと思い、この言葉を大事にしています。