事業内容/コーチング

アスリートにコーチがついているように、経営者にもコーチが必要です。

パーソナルコーチング (経営者・管理者向け)

よし、やるぞっ!と心に誓っても、1週間が過ぎ、そして2週間が過ぎ、その時の決意は実行に移される前にしぼんでしまった…、という経験は誰にでもあるのではないでしょうか。頭で考えることと、実際に行動を起こすこととのあいだには大きなギャップがあります。また、私たちは、知らないことや不安、思い込みなどから無意識のうちに自らの行動にブレーキをかけています。

  • 考え方はわかった。でも実際どうやればいいのかわからない!
  • とにかく毎日忙しい!やろうやろうと思っているうちに熱が冷めた…
  • やってはみたが、周囲の理解が得られず、やる気がしぼんでしまった。

何かによって得られた気づきを行動につなげ、それを継続していくには、それなりの条件が必要です。続けるための条件のひとつは、リマインドさせてくれる相手がいること。コーチがこの役割を果たします。

コーチング

コーチングとは、コーチとあなた(コーチングではクライアントと呼びます)との双方向のコミュニケーションを通して、アイデアを出し合い、検討し、行動に移していくための一連のプロセスのことを言います。コーチングではコーチが一方的に何かをアドバイスするのではなく、クライアントであるあなたが自由に思考を広げることができるよう話を聞き、問いかけます。コーチはクライアントと一緒にキャンバスに向かい、イキイキとした未来のビジョンを描く手伝いをします。

  • 「理想の園づくりを考えたい」
  • 「働きがいのある職場づくりを成功させるためには」
  • 「園長としてのあるべき姿を明確にしたい」

…など、クライアントそれぞれのビジョンや目標をテーマに対話を重ね、共にゴールを目指します。

私たちは、人から指示されて動くよりも、自分で決めたり、気づいたりするほうがモチベーション高く行動できます。コーチの役割は、対話を通して気づきを促し、選択肢を広げ、やる気を引き出し、その人の主体的な取り組みをサポートすることです。


関連/コーチングコミュニケーション

詳しくはお問い合わせください!

TEL:022-265-5815

受付時間 9:00~18:00
土日・祝日・年末年始、当社休業日を除く